セクゾン repaintingツアーat 大阪城ホール

マリちゃんが18歳になり、大人のグループなったセクゾン。今日、昼夜2回の公演を観た。昼は立ち見で。夜はスタンドで。昼と夜はまったく違った顔を見せてくれた。昼は大人しく真面目に。夜になると突然18禁のエロバージョンに。疲れてタガが外れたかのようなハイテンションに。笑った。

ほとんど出ずっぱりのため体力的にキツイ内容だと思う。Jr.も少なく、自分達だけの唄と踊りと演奏で勝負していた。カッコ良かった。

なりふり構わない必死さが感じられた。スタイリッシュに決めるためになりふり構わず必死になる。そしてスタイリッシュなステージが完成する。前回の5周年公演を超えるために新しい試みに挑戦している。みんなが期待する自分達の色に、また新たな色を塗り足した。そして若い彼らはこれからもたくさんの新しい色を見せてくれるはず。キャンバスに新しい絵が描かれていく。どんな絵が描かれるのか楽しみにしよう。健康に気を付け長生きしなきゃ。

今年は24時間テレビのメインパーソナリティーというビッグチャンスを掴んだ。清潔で誠実な彼らにぴったりの仕事だ。たくさんの人に知ってもらうチャンスだ。

でもバク転は嫌だ。ケンティーに合った色を塗り足してほしい。

長く続くコンサートツアー。きっと毎回進化し、より完成されて行くはず。どうか怪我や事故なく無事に駆け抜けられますように。そして時々は、私の夢に出て来てくれますように。だって大好きだから。

C360_2017-09-22-20-38-44-530

 

“セクゾン repaintingツアーat 大阪城ホール”の続きを読む